一般社団法人 桶川市観光協会 桶川市観光協会
ホーム 観光マップ イベント情報 観光協会推奨品 アクセス方法 お問合せ リンク集
西部エリア駅周辺エリア東部エリア
普門寺しだれ桜
普門寺しだれ桜 3月下旬ごろ開花
桶川市川田谷6663  

普門寺のしだれ桜は、エドヒガンザクラの変種でイトザクラとも呼ばれています。 高さ11.5m、推定樹齢約180年とされるこのしだれ桜は、毎年3月下旬ごろ枝垂れた枝に小振りで可憐な 花を無数に咲かせる。

東叡山泉福寺の末寺である諏訪山福聚院普門寺(ふくじゅいんふもんじ)は、平安時代にあたる天長年間に慈覚大師がこの地を訪れ、 飢饉に苦しむ人々を助けたことの記憶をとどめるために、後世、食物を給した小屋の跡に一寺を建立したと、開山の由緒を伝えている。
現在は堂宇を失っている普門寺ですが、江戸時代には幕府より寺領三石の朱印地を与えられ、また、石戸領総鎮守であった諏訪神社の別当としても栄えました。

JR高崎線桶川駅西口から市内循環バス「東西循環(外回り)」で「西40」下車。
諏訪神社本殿
諏訪神社本殿
桶川市川田谷6710-1  

諏訪神社は、江戸時代の石戸領総鎮守で、天正19年(1591)に朱印状を受けた記録が 「新編武蔵風土記稿」にみれる。覆屋で守られた本殿の壁面は、唐獅子、牡丹、 牛若丸など様々な彫刻で隙間なく埋めつくされています。かつては彩色が施されていましたが 現在ではほとんど残っていない状態です。

JR高崎線桶川駅西口から市内循環バス「東西循環(外回り)」で「西41」下車。
原山古墳群
原山古墳群
桶川市川田谷7313-1 他  

荒川を西に見下ろす川田谷の台地は、かつて川田谷古墳群と呼ばれる古墳密集地域でした。 現在ではその大半が消滅し、一支群であった原山古墳群が旧状を留めています。台地の雑木 林の中に9基の古墳が保存され、最大で直径31mの円墳とみられています。この古墳は、 6〜7世紀の古墳時代後期に発達した群集墳を観察できる重要な遺跡です。

JR高崎線桶川駅西口から市内循環バス「西循環」、「東西循環(外回り)」のいずれかで「西21」下車。
三ツ木城跡
三ツ木城跡
桶川市川田谷1267 他  

三ツ木城跡は、城山公園西側に隣接する東西100m、南北105m、北を先端とする三角形で、 周囲には土塁と、その内側に堀がめぐらされています。周囲に付随する施設は見当たらず、 城跡としては単純な構造といえますが、保存状態は良好といえます。城主、城の由来は はっきりわかっていません。

JR高崎線桶川駅西口から市内循環バス「西循環」、「東西循環(外回り)」のいずれかで「西18」、または「西19」下車。
桶川歴史民俗資料館
桶川歴史民俗資料館
桶川市大字川田谷4405-4  TEL 048-786-4030

全国的に有名な後谷遺跡の出土品、桶川と紅花の関わりや中山道桶川宿に関する展示のほか、 熊野神社古墳出土品を精密に複製した展示物など桶川の歴史と文化を知ることのできる施設です。

【利用案内】
入館料:無料
開館時間:午前9時〜午後4時30分
休館日:毎週月曜・祝日・年末年始・特別整理期間・月末館内整理日

JR高崎線桶川駅西口から市内循環バス「西循環」で「西24」下車。
城山公園の桜
城山公園
桶川市川田谷2839-11  TEL 048-786-5881(公園管理事務所)

約10.5ヘクタールの園内は、武蔵野の雑木林をイメージして植栽され、冒険広場や ピクニック広場など家族連れが楽しめる施設のほか、有料施設として、テニスコート (クレイ4面)、軟式野球、サッカーなどを楽しめる多目的広場(120×85m)もある。 春は、約270本以上の桜が彩ります。

JR高崎線桶川駅西口から市内循環バス「西循環」で「西19」、「西24」のいずれかを下車。または「東西循環(外回り)」で「西18」、「西19」のいずれかを下車。
べに花摘み取り園
紅花摘みとり園
桶川市川田谷2193-1、1937-1  入園料 100円、1本 50円

桶川西部の城山公園に程近い、べに花摘み取り園では、広大な敷地を利用して植栽されたべに花 の鑑賞や摘み取りを楽しむことができます。例年の見ごろは6月中旬から下旬で、一面を オレンジの花が彩ります。このほか、桶川市内では、「べに花ふるさと館」周辺や市内各所でべに 花の観賞を楽しむことができます。

※開花時期は、天候、気温により異なります。開花状況の確認は当協会へお問合せください。

JR高崎線桶川駅西口から東武バス 川越行きで「三ツ木」下車徒歩3分。または、 市内循環バス「西循環」、「東西循環(外回り)」のいずれかで「西18」下車徒歩3分。
泉福寺(木造阿弥陀如来坐像)
泉福寺(木造阿弥陀如来坐像)
桶川市川田谷2012  

泉福寺は、荒川に面した高台に建つ天台宗の寺院で、緑に囲まれた広い境内には、山門 や本堂をはじめとした江戸時代以来の建物があります。この泉福寺の阿弥陀如来坐像は、 高さ89.3cm、鎌倉時代の弘長2年(1262)に製作されたことで知られる国重要文化財が 安置されている。かつては「大堂」と呼ばれる阿弥陀堂に安置されていましたが、 文化財としての重要性から、現在は大堂前の耐火収蔵庫内に安置されています。

JR高崎線桶川駅西口から市内循環バス「西循環」、「東西循環(外回り)」のいずれかで「西16」下車徒歩5分程度。
ホンダエアポート
ホンダエアポート
桶川市川田谷 荒川河川敷  http://www.honda-air.com/

荒川沿いの広大な緑に囲まれた敷地にあるホンダエアポートは、小型機や飛行船 などを眺めて楽しんだり、セスナ機でのナイトフライト (夜間飛行)を楽しむことができます。


JR高崎線桶川駅から川越駅行きバスで「山ヶ谷戸」下車徒歩15分。
樋詰の道しるべ
樋詰の道しるべ
桶川市川田谷215  

樋詰氷川神社の鳥居の傍らにある樋詰の道しるべの正面には、「あきは道」の文字が記され この道が火災除けの神として信仰をあつめていたさいたま市指扇の秋葉神社へ向かう道であ ったことを指しています。この道しるべは、高さ40cmほどの高さで、うしろには力石が立 てられています。

JR高崎線桶川駅西口から市内循環バス「西循環」、「東西循環(外回り)」のいずれかで「西14」下車。
熊野神社古墳
熊野神社古墳
桶川市川田谷347  

熊野神社古墳は、荒川と江川の合流する台地状にある直径38m、高さ6mの円墳で、 円墳上に熊野神社が祀られている。昭和3年(1928)に社殿を改築した際に、玉類、石製品、 銅製品、太刀などの副葬品が出土し、一部は失われましたが、それらは国重要文化財として、 現在、埼玉県立博物館で保管、公開されています。桶川市歴史民俗資料館では、これらを精密 に複製したものを展示しています。昭和59年(1984)の発掘調査で出土した土器から、 4世紀後半の県内でも古い時期の古墳であることが確認されました。

JR高崎線桶川駅西口から市内循環バス「西循環」、「東西循環(外回り)」のいずれかで「西13」下車。
知足院 梵語学者盛典の墓
知足院 梵語学者盛典の墓
桶川市下日出谷556  

知足院境内には、梵語学者として名高い盛典の墓がある。盛典は、現在の騎西町(当時の上種足村) に生まれ、市内加納の光照寺住職 光栄の弟子となり、奈良の長谷寺、京都の智積院などで修行を 積んだあと、元禄10年(1697)知足院住職となりました。やがて栃木県佐野市の大聖寺の住職となったあと、 晩年は知足院へ帰り隠居したとされています。

JR高崎線桶川駅西口から市内循環バス「東西循環(内回り)」で「西102」下車。
高井遺跡住居跡
高井遺跡住居跡
桶川市下日出谷838  

高井遺跡は、桶川西小学校とその一帯に広がる、縄文時代中期後半(約4000〜4500年前)の遺跡です。 学校建設や周囲の開発に伴い、これまで11回の発掘調査が実施され、その結果、高井遺跡は、中央が広場 になり、そのまわりを住居が丸くとり囲む構造の集落遺跡で、直径約200mの広がりを持っていることが わかってきました。調査の後、その大部分は消滅しましたが、桶川西小学校校舎北側に住居跡が一つ保存 されています。発掘調査で出土した土器、石器は、市文化財として桶川市歴史民俗資料館に収蔵・展示 されています。

JR高崎線桶川駅西口から市内循環バス「東西循環(内回り)」で「西102」下車徒歩12分。
旧陸軍桶川飛行学校 旧熊谷陸軍飛行学校桶川分教場
旧陸軍桶川飛行学校 旧熊谷陸軍飛行学校桶川分教場
桶川市川田谷  関連サイト

熊谷陸軍飛行学校桶川分教場(桶川飛行学校)は、昭和10年に開校した熊谷陸軍飛行学校(現在の航空自衛隊熊谷基地)の分教場として、昭和12年6月、埼玉県北足立郡川田谷村(現在の桶川市川田谷)に開校しました。 現在も守衛所、車庫、営庭、本部兵舎、弾薬庫など当時の面影が残っています。

JR高崎線桶川駅西口から市内循環バス「西循環」で「西18」または「西19」下車徒歩。
西部エリア駅周辺エリア東部エリア
このページのTOPへ前のページへ戻るホームへ戻る
Copyright © Okegawa Tourist Association All rights reserved.
桶川市西部エリア 桶川市駅周辺エリア 桶川市東部エリア